2510円 アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDF11L-G-4S インテリア・寝具・収納 ライト・照明器具 電球 LED電球 2510円 アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDF11L-G-4S インテリア・寝具・収納 ライト・照明器具 電球 LED電球 アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm LDF11L-G-4S 爆売り 40形相当 電球色 アイリスオーヤマ,artelibre.diariolibre.com,2510円,40形相当,電球色,LDF11L-G-4S,スピーカー付LED電球,インテリア・寝具・収納 , ライト・照明器具 , 電球 , LED電球,口金直径26mm,/event/observe/ アイリスオーヤマ,artelibre.diariolibre.com,2510円,40形相当,電球色,LDF11L-G-4S,スピーカー付LED電球,インテリア・寝具・収納 , ライト・照明器具 , 電球 , LED電球,口金直径26mm,/event/observe/ アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm LDF11L-G-4S 爆売り 40形相当 電球色

アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm LDF11L-G-4S 爆売り 別倉庫からの配送 40形相当 電球色

アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDF11L-G-4S

2510円

アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDF11L-G-4S







◆商品名:アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDF11L-G-4S

商品サイズ:φ67×高さ約12.2cm
電源:100V(50/60Hz共用)
定格消費電力:10.6W(LED 7.6W、スピーカー 3.0W)
通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.4.0,対応コーデック:SBC,最大通信距離:約10m
本体重量(kg):0.29
素材:アルミ、ポリカ
口金E26
密閉型器具への取り付け非対応
屋外用器具への取り付け非対応
調光器対応非対応

スマートフォン等の音楽再生ができるスピーカー機能搭載したスピーカー付LED電球。
Bluetoothで簡単に接続して再生ができます。
こもらない響きの良い音を再生するため空気の流れをつくるエアホールを採用。
インテリアにも溶け込みやすいシンプルですっきりとしたデザイン。
長寿命約40000時間で、ランプ交換の手間が少ないLED電球です。
光色は温かみのある「電球色相当」。
LED電球の共通特長
・水銀レス・・・環境に有害な水銀を含みません。
・すぐに明るく・・・LEDは電気を流すと発光する半導体なので、スイッチを入れた直後から明るく点灯します。
・虫が集まりにくい・・・虫が集まりやすい紫外線領域波長をほとんど出さないので灯具清掃の手間を軽減できます。
・ON/OFFに強い・・・LEDは、頻繁なスイッチの入/切による劣化がなく寿命が短くなることはありません。
・低UV/低赤外線・・・紫外線や赤外線をほとんど出さないので、紫外線による色あせや赤外線による熱が気になりません。

●光色:電球色相当
●定格入力電流:0.145A
●全光束:約485lm
●配光角:200°
●演色性:Ra90
●設計寿命:40000h
●使用場所:屋内用
●ランプ全体の明るさ:一般電球40形相当
●口金サイズ:E26
調光器対応非対応

アイリスオーヤマ スピーカー付LED電球 口金直径26mm 40形相当 電球色 LDF11L-G-4S

  • 2021年10月21日

北海道産の天然食材、エゾシカのネック、お得な1キロサイズです。 【北海道産】エゾシカ肉/鹿肉/シカ肉/ジビエ ネック 1kg【shika-s】 生肉

日本語の動詞は「動態動詞・状態動詞」、「子音動詞・母音動詞」、「自動詞・他動詞」、「意志動詞・無意志動詞」、「本動詞・補助動詞」など、様々な分け方がされます。 この記事ではこの中の「意志動詞・無意志動 […]

  • 2021年10月21日

述語の分類と、述語と述部の違いについて

この記事では述語の分類と、述語と述部の違いについて説明します。 述語とは?述語の分類 述語とは 述語は、文の中で「~だ/~である/~です」や「~ます/~する」などの形をとって、「何だ」 「どんなだ」 […]

  • 2021年8月2日

相補分布(complementary distribution)とは何か

相補分布とは 相補分布とは、言語学で使われる用語です。 特に、音韻論(特に音素の分析)で重要な概念です。(音韻論については「音声学(phonetics)と音韻論(phonology)の違いについて」を […]

  • 2021年7月20日

日本語の連濁のルールについて

連濁とは、単語と単語が合体するときに、後ろの語の語頭が濁音に変わることをいいます。   例えば、「鼻(はな)」と「声(こえ)」が合わさると「鼻声(はなごえ)」になりますね。 後ろの語「声(こ […]